施設運営

【「SHIBUYA109ブランド」の展開】

「SHIBUYA109ブランド」の提供する価値を最も具体的なかたちで実現しているのが、東京・渋谷のランドマークである「SHIBUYA109」。ここでは、テナントの店づくり、 ショップスタッフ、提供する商品、照明、音楽、メディアへの露出などが総体的に絡み 合って独特の世界観を醸し出し、アラウンド20の若い女性たちから、レディースファッショントレンドの最先端を行く施設として支持を得ています。

この「SHIBUYA109ブランド」が持つ世界観をコンパクトに凝縮し、大型商業施設などに出店する事業モデルとして、国内で「SHIBUYA109パッケージ形態」を展開しています。現在は「SHIBUYA109ABENO」(大阪・阿倍野)と「SHIBUYA109KAGOSHIMA」 (鹿児島)があります。

また、個性豊かなヤングメンズファッショントレンドの先端を行く施設として、若い世代をターゲットに2012年初頭に全館のメンズ化を行った「109MEN’S」(東京・渋谷)のほか、メンズ向けの同業態を「天神コア」(福岡)、「4丁目プラザ」(北海道・札幌)において「109MEN’Sパッケージ形態」で展開しています。

さらに、同形態は地域特性や出店施設規模などに柔軟に対応できることから、海外展開を推進しています。2015年12月には、香港・尖沙咀(チムサーチョイ)地区の大型複合商業施設「HARBOUR CITY(ハーバーシティ)」内に、海外1号店を出店し運営しています。