2019.02.19

SHIBUYA109 lab. 高校生・大学生の「春の新生活」に関する調査

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は高校生・大学生の女性513名に春の新生活に関する調査を行いました。

※SHIBUYA109 lab高校生・大学生の新生活に関する調査

【1】新生活は期待よりも不安の声。新大学生の40%が「大学生になって始めたいこと」に「資格取得」と回答

高校生・大学生それぞれに「新生活で楽しみなこと」「新生活で不安なこと」を聞いたところ、全体的に不安を挙げる声が大きい結果となりました。さらに、新大学生となる高校3年生に「大学生になったら始めたいこと」を聞くと、第2位に「資格を取る(43.4%)」がランクイン。将来に不安を感じ、早くから備える、今のaround20の意識が分かります。

 

【2】新生活の準備、予算は10,000円以内。ファッションアイテムを新調

新生活に備える予算は10,000円以内。新調するものは「ファッションアイテム」が挙がりました。この春はスモーキーなパステルカラ―の服やスニーカーが注目されているようです。

 

【3】SNSは自分の分身。友達作りは“映え”を意識したSNSアカウント交換!

around20はSNSツールを使って自己表現を行います。LINEのアカウント設定やInstagramの投稿内容で、自分がどんなことに興味があるのか、今どんな気分なのかなどを表現しており、自己紹介代わりにアカウントを交換します。

 

 

詳細はこちらよりご確認ください