株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
代表取締役社長 石川 あゆみ
私たちSHIBUYA109 エンタテイメントは、「Making You SHINE!-新しい世代の“今”を輝かせ、夢や願いを叶える-」を企業理念としています。これには、常に若者視点で考え、彼らに寄り添いながら、一人ひとりが持つ夢や願いの実現に向けて一歩前に踏み出すためのお手伝いをしていきたい、という想いが込められています。
多くの若者が活力を持ち、笑顔溢れる社会を実現していくために、彼らがワクワク・ドキドキするコトやモノ、時間や場所を創造して、人と人との心を共感や感動でつなぎ合わせていきたいと願い、そして行動していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大に直面し、人々の行動目的やその範囲、情報収集から消費の方法など、私たちを取り巻く環境は大きく、そして急速に変化しました。特に“Z世代”(※1)といわれる若者世代の中心層は、リアルで経験する様々な機会が失われ、その変化に苦しみながらも、デジタルネイティブ(※2)ならではの順応で、むしろ新しい生活様式を楽しみ始めている部分も見受けられます 。そのような変化に対応して、「渋谷」という若者の象徴的な街に存在し、感度の高い“Z世代”をターゲットとしていること、そして若者マーケティング機関「SHIBUYA109 lab.」を有し、彼らの深いインサイトを理解分析できるという私たちならではの資産を活かし、お客様をはじめとする多くのステークホルダーの皆様とともに、企業理念の実現に向けた様々な取り組みを進めてまいります。
それにより、若者たちの「共感」の入口を広げ、新しいコンテンツの提供やエンタテイメントの仕掛け、またリアル・デジタル両面でのコミュニケーションづくりにより「確認」「参加」を促し、その感動を「拡散・共有」していただくという、SNS時代の新たなバリューチェーンを構築することで、コミュニケーションの輪を広げ、お客様・ご出店者様双方の期待を超える「UX(顧客体験)」の提供を目指してまいります。
これら取り組みを通じて、私たちは「エンタテイメントシティ渋谷」の実現に向けて、今もこれからも若者視点から街を輝かせる唯一無二の存在として貢献していくことを、ご関係する全ての皆様とお約束いたします。
引き続き、ご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
(※1)一般的に、1990年台半ば以降に生まれた世代。
(※2)インターネットに慣れ親しみ、コミュニケーション方法や価値観・行動において、それまでの世代とは異なる特性があるといわれる世代。
株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
代表取締役社長 石川 あゆみ
私たちSHIBUYA109 エンタテイメントは、「Making You SHINE!-新しい世代の“今”を輝かせ、夢や願いを叶える-」を企業理念としています。これには、常に若者視点で考え、彼らに寄り添いながら、一人ひとりが持つ夢や願いの実現に向けて一歩前に踏み出すためのお手伝いをしていきたい、という想いが込められています。
多くの若者が活力を持ち、笑顔溢れる社会を実現していくために、彼らがワクワク・ドキドキするコトやモノ、時間や場所を創造して、人と人との心を共感や感動でつなぎ合わせていきたいと願い、そして行動していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大に直面し、人々の行動目的やその範囲、情報収集から消費の方法など、私たちを取り巻く環境は大きく、そして急速に変化しました。特に“Z世代”(※1)といわれる若者世代の中心層は、リアルで経験する様々な機会が失われ、その変化に苦しみながらも、デジタルネイティブ(※2)ならではの順応で、むしろ新しい生活様式を楽しみ始めている部分も見受けられます 。そのような変化に対応して、「渋谷」という若者の象徴的な街に存在し、感度の高い“Z世代”をターゲットとしていること、そして若者マーケティング機関「SHIBUYA109 lab.」を有し、彼らの深いインサイトを理解分析できるという私たちならではの資産を活かし、お客様をはじめとする多くのステークホルダーの皆様とともに、企業理念の実現に向けた様々な取り組みを進めてまいります。
それにより、若者たちの「共感」の入口を広げ、新しいコンテンツの提供やエンタテイメントの仕掛け、またリアル・デジタル両面でのコミュニケーションづくりにより「確認」「参加」を促し、その感動を「拡散・共有」していただくという、SNS時代の新たなバリューチェーンを構築することで、コミュニケーションの輪を広げ、お客様・ご出店者様双方の期待を超える「UX(顧客体験)」の提供を目指してまいります。
これら取り組みを通じて、私たちは「エンタテイメントシティ渋谷」の実現に向けて、今もこれからも若者視点から街を輝かせる唯一無二の存在として貢献していくことを、ご関係する全ての皆様とお約束いたします。
引き続き、ご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
(※1)一般的に、1990年台半ば以降に生まれた世代。
(※2)インターネットに慣れ親しみ、コミュニケーション方法や価値観・行動において、それまでの世代とは異なる特性があるといわれる世代。