2019.02.25

若者向けフードブランド開発事業 「IMADA KITCHEN」を開設

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎/以下、当社)が運営するSHIBUYA109(東京・渋谷区)は2019年4月28日に開業40周年を迎えます。この中で「渋谷発の名物フード」の開発を目指し、フードブランド開発に着手。2019年夏、「IMADA KITCHEN(読み:イマダ キッチン)」としてSHIBUYA109に直営店を開設します。

当社では「Making You SHINE!」(新しい世代の“今”を輝かせ、その夢や願いを叶える)を事業理念として掲げており、その中でもSHIBUYA109は開業40周年を契機に“SHIBUYA109LAND”をコンセプトに「SHIBUYA109での驚き、感動」「SHIBUYA109だけの経験」「若者の夢が叶う場所」を体現し、テーマパーク性の向上を図るべく、大幅リニューアルを進めています。

リニューアルを進める過程で、当社の若者マーケティング研究機関”SHIBUYA109 lab.”の調査により、SHIBUYA109が対象とするaround20(20歳前後の若者)は「食べ歩き」への関心が高まっていることが改めて明らかになりました。

一方で若い世代にとって、”食”も含めた様々なエンタテイメントの中心となり得る渋谷の街からは、新たな“食“文化が発信されていないのが現状です。

 

この状況に対し、当社ではこれまでにない「渋谷発の名物フード」を開発し、“食“の分野において「“未だ”世に出ていないものを“今”発信」すべく、2019年夏にフードブランド開発事業「IMADA KITCHEN」をスタートすることとしました。

この「IMADA KITCHEN」では、常にお客様の五感に訴えかけ、SHIBUYA109でしか体感できない、驚き・感動に繋がるような事業展開を行います。これにより食を通じてお客様同士が互いに刺激し合い、新しい世代がSHIBUYA109から新しい価値を創出する場や機会を提供していく考えです。

 

詳細はこちらよりご確認ください